毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【勧め時を知るために顧客情報をメンテナンスする】 / 保ビ研レポート R1C‐0029
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □タイミングが合わなくて契約を逃すことが多い。
 □保障見直しを提案すると、いつも見直したばかりといわれる。
 □既契約者から連絡が来ない限り、こちらから家族のことを聞いたりしていない。
 □既契約者が知らないうちに引っ越していたり、減額・解約していたりする。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎保障見直しのタイミング
 ◎保障見直しを提案するタイミングをつかむ方法
 ◎提案に必要な顧客情報

【このレポートの内容】
生命保険や共済は、お客さまの方から「入りたい」と言ってくれることが、あまりない商品です。自動車保険や火災保険、医療保険などの場合は、お客さまの方から声をかけてくることもあるかもしれませんが、死亡保障については、自発的に「入りたい」と言ってくることは少ないと思います。生命保険は「ニーズ喚起され、提案されて初めて検討する」商品ですし、「タイミングがよければ前向きに検討していただける」商品です。ですから、同じお客さまでも提案したタイミングによって、加入していただけることもあれば、断られることもあります。保険セールスの仕事をしていると、一度くらいは「提案するタイミングが遅かったために、他社に切り替えられてしまった」とか、「ほかで新規加入されてしまった」という経験があると思います。提案のタイミングを逃さないようにするには、定期的に顧客情報をメンテナンスすることが効果的です。既契約者の方でも、契約から時間が経っていれば、家族それぞれに変化があります。一人のお客さまは一度入って終わりではなく、人性の中で何度も保障を見直す節目があります。それは提案のチャンスです。白地開拓をするよりもずっと効率よく提案できると思います。
このレポートでは、勧め時を知るために顧客情報をメンテナンスすることについて紹介しています。これまで、既契約者の家族情報を積極的に更新していなかった方は、この手法を取り入れるだけで、見込客がぐんと増えるかもしれません。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

  1. 2011/08/16(火) 06:00:00|
  2. [記事の分類]顧客管理
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/98-e3159df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<【他社の設計書を見せられた時の対応】 / 保ビ研レポート R1H‐0089 | ホーム | 【やる気を出すヒント】 / 保ビ研レポート R1J‐0132>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。