FC2ブログ


毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

【説明シートはセールスの武器】 / 保ビ研レポート R1J‐0133
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □セールストークを何度も改良してトレーニングもしているけれど成果が出ない。
 □資料を説明するのが苦手なので、ほとんど使っていない。
 □設計書やパンフレットを使っていいプランを熱心に説明しているけれどあまり聞いてもらえない。
 □プラン説明をしているときは興味を持っているけれど、後日返事を聞くと断られる。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎説明シート(ツール)を使う効果
 ◎セールストークだけの場合とツールを使ってセールストークを話す場合の違い
 ◎トークとツール(説明シート)の違い
 ◎設計書やパンフレットと説明シートの違い

【このレポートの内容】
保険は目に見えない商品ですから、その良さや内容を説明するために、実績の出るセールストークを作り、練習して、お客さまに話していると思います。セールストーク以外では、パンフレットや設計書、ツール(ニード喚起シート)を使って説明していることでしょう。ツールを使った保険セールスはとても効果的です。しかし、「良い説明シート」でなければ、いくらツールを使っても成果が出ません。「良い説明シート」とは「それを見ただけ、読んだだけで、その保険に入りたくなるようなシート」のことです。セールストークは耳で聞いてその一部が記憶に残るだけですから、どんなに良いトークでも時間とともに薄れてしまいます。けれどツールは、良いものであれば時間がたっても劣化せず、お客さまの加入意欲をかきたてます。パンフレットや設計書ももちろん必要ですが、それだけでは不十分です。そ の多くは、お客さまにとって専門的で理解しにくい内容が書かれているからです。
このレポートでは、セールストークを視角化した「説明シート」は保険セールスの武器になる、ということについて紹介しています。「良いセールストークをたくさん持っているけれどツールはあまり使わない」という方や、「設計書やパンフレット以外のツールをあまり使ったことがない」という方は、「説明シート」を作って一度試してみると、今以上に成果が上がるかもしれません。

<★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

  1. 2011/03/04(金) 06:00:00|
  2. [記事の分類]ツール&DM
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/89-e4380775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<【自主トレーニングのポイント】 / 保ビ研レポート R1H-0120 | ホーム | 【商店街での活動/具体例1】 / 保ビ研レポート R1J-0155>>