FC2ブログ


毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【お客さまが耳を傾ける話】 / 保ビ研レポート R1C‐0011
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □パンフレットは渡せるけれど、設計書は人間関係ができてからでないと渡しにくい。
 □新商品についてわかりやすく伝えているのにお客さまは興味を持ってくれない。
 □ニード喚起には全国データなどを使った資料を準備しているけれど、耳を傾けてもらえない。
 □提案の途中で、お客さまが聞くのをやめてしまっている気がする。
 
●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎お客さまが耳を傾けてくれる話
 ◎セールストークを作るときに気をつけるポイント
 ◎パンフレットと設計書の違い
 ◎お客さまの状況や考え方を聞き出しておくことの大切さ

【このレポートの内容】
保険セールスでは、商品(プラン)を説明する際にツールとセールストークを使いますが、どんなにたくさんの資料やセールストークを使っても、お客さまが興味を持って聞いてくれなければ、それらは無駄になってしまいます。ですから、ツールやトークは、お客さまが耳を傾けてくれる情報が入っているほど効果があるそうです。「お客さまが話に興味を持ってくれない」「提案の途中で聞くのをやめてしまっている気がする」という担当者の方は、「お客さまが一番聞きたいことは何か」を考えて、それをツールやトークに取り入れていくと、うまくいくと思います。
このレポートでは、お客さまが耳を傾ける話とはどんなものか、4つのポイントを中心に紹介しています。例えば、新商品の提案をしたいときに、どんなアプローチをすれば興味を持って話を聞いてくれるのか。また、提案の際に使うツールのデータはどんなものが効果的か。パンフレットと設計書の違いと効果的な使い方、お客さまの情報を事前に入手することでお客さまの気持がどう変わるかなどが、具体的にわかります。レポートに沿って今のツールやトークをほんの少し見直すと、契約数が変わるかもしれません。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

  1. 2010/12/17(金) 06:00:00|
  2. [記事の分類]トーク
  3. | トラックバック:1


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/84-74edc9c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【保ビ研レポート】R1C-0011 お客さまが耳を傾ける話 <商品番号>  R1C-0011<タイトル>  お客さまが耳を傾ける話<キーワード> セ-ルスト-ク/ニード喚起/対人対応力見る http://hobiken.co.jp/report/report2.html#_0011
  1. 2007/10/18(木) 22:12:28 |
  2. 【保ビ研レポート】 一覧/目次/検索


<<【話法:若い女性の方へ 医療保障への加入をお勧めします】 / 保ビ研レポート R1J‐0166 | ホーム | 【確率話法・肉親だったら話法】 / 保ビ研レポート R1C‐0047>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。