FC2ブログ


毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【心の財布を開くトーク】 / 保ビ研レポート R1C‐0050
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □セールストークを作るのが苦手だ。
 □自分のトークはお客さまに届いていない(訴求力がない)と思う。
 □効果的なセールストークを持っていない。
 □どんなトークが良いのかわからない。

●このレポートで、こんなことが身に つきます!
 ◎お客さまが「買いたい」と思う3つの動機
 ◎保険セールスにおける「心の財布」
 ◎お客さまの購買動機に訴えるセールストーク例

【このレポートの内容】
どんな商品でもそうですが、それがどれほどいい商品であってもお客さまに「欲しい」と思わせることができなければ、その商品は売れないそうです。つまり「いい商品」=「売れる」ではなく、「欲しい商品」=「売れる」というわけです。では、お客さまが「欲しい」と思うのはどんなときなのでしょうか。それがわかれば、セールストークを作るときにも役に立つと思います。エルマー・ホイラーのセールス理論によると、人には3つの購買動機があり、それに訴えれば85%の人に売り込むことができるそうです。
このレポートでは、お客さまの「心の財布」(購買動機)に訴えるトークについて、3つの訴求ポイント別に紹介しています。このレポートに書かれているトーク例は、理屈(頭)ではなく、お客さまの深層心理(心)に響くものです。今使っているセールストークの中にそのまま取り入れて、何度も使うだけでも、お客さまの心の奥底に訴求することができると思います。レポートを参考に、3つのポイントそれぞれについて、自分でセールストークを作ってみると、今以上にトークの訴求力が増すかもしれません。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

  1. 2011/02/25(金) 06:00:00|
  2. [記事の分類]トーク
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/79-bbc8e80a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<【商店街での活動/具体例1】 / 保ビ研レポート R1J-0155 | ホーム | 【一番大切なのはニード喚起話法】 / 保ビ研レポート R1J-0131>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。