毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【設計書には説明文をつける】 / 保ビ研レポート R1C‐0010
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □お客さまにぴったりのプランなのに、契約にならない。
 □プランの説明が下手だと思う。
 □お客さまに「話を聞いてもよく分からない」と言われる。
 □プラン説明の途中で自分でもわからなくなることがある。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎設計書を魅力あるプランに見せる方法
 ◎設計書の説明文の作り方
 ◎プランを説明するトークの台本の作り方
 ◎設計書に説明文をつける7つのメリット
 ◎お客さまに理解してもらえる設計書
 ◎設計書を郵送する際にも使えるツールの作り方

【このレポートの内容】
「設計書」は保険や共済のセールスには欠かせないツールの1つですが、実は、お客さまにとってはとても分かりにくい資料なのだそうです。
お客さまは設計書を見慣れているわけではありません。会社によっても設計書の表記に違いがありますから、それを見て内容を理解し、加入意欲がわくということはほとんどありません。そのため、セールス担当者が面談して設計書を説明するのですが、この説明が上手な人と下手な人では、同じプランでも成約率に差が出るようです。そこで、プラン説明が苦手な方や新人の方は、設計書を説明するときに「説明文」をつけて話すと効果があるそうです。「説明文」を見ながら説明すれば、トークの途中でわからなくなることや、言い忘れることもないと思います。トークの台本を見ながら説明する形になるので、新人の方でもあがらずに説明できると思います。
このレポートでは、設計書に説明文をつけるときの具体的な作り方とメリットについて紹介しています。この説明文は、セールス担当者にとってはトークの台本として、設計書をDMで送る際には自分の分身として利用でき、お客さまにとっては後でゆっくり考えたり、家族に相談するときの助けになります。レポートに沿って一度作ってみると、プラン説明のトーク作りにもなると思います。

★このレポートの概要を見る、一部抜粋を読む、購入する→<http://www.hobiken.co.jp/report/report1.html#_0010>

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ




  1. 2009/11/11(水) 06:00:00|
  2. [記事の分類]ツール&DM
  3. | トラックバック:1


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/74-e43bb486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【保ビ研レポート】R1C-0010 設計書には説明文を付ける <商品番号>  R1C-0010<タイトル>  設計書には説明文を付ける<キーワード> ツール/提案力見る http://hobiken.co.jp/report/report1.html#_0010
  1. 2007/10/18(木) 22:10:50 |
  2. 【保ビ研レポート】 一覧/目次/検索


<<【生保セールスを極める3つのアプローチ】 / 保ビ研レポート R1H-0085 | ホーム | 【“保険に入れない”と思っている勘違い】 / 義父母から聞いた話>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。