FC2ブログ


毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

【対話力には、頷き、相槌、微笑み、笑いの共有】 / 保ビ研レポート R1C‐0026
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □お客さまにぴったりのプランだと思うけれど、なぜか断られる。
 □提案の途中で、お客さまとの温度差を感じる。
 □話の途中でお客さまがうわの空になることが多い。
 □一生懸命提案しているけれど、お客さまが話に乗ってこない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎お客さまと上手にコミュニケーションを取る方法
 ◎セールストークの途中で必要な要素
 ◎「伝える力」と「聞く力」の違い
 ◎お客さまの心を開く対話力

【このレポートの内容】
保険を提案するのに必要な力はいろいろあると思いますが、「伝達する能力」は特に重要だといわれています。理由は、どんなにいいプランでも、お客さまの心にその良さが伝わらなければ、契約にはならないからです。ここで大切な「伝える力」(=「話す力」)とは、どういうものかといいますと、お客さまとやりとりをしながら話を進めていく「対人対話力」のことをいいます。「対話力」には、「話す力」だけでなく、「聞く力」も含まれます。つまり、セールス担当者に「話す力」だけでなく「聞く力」が備わって、はじめて商談がスムーズに進むということです。
「とても良いプランなのに断られることが多い」、「提案の最中にお客さまとの雰囲気がギクシャクしてしまう」という方は、プランやセールストークの内容を見直す前に、お客さまとの対話で必要なポイントを意識した方が、うまくいくかもしれません。
このレポートでは、対話力に必要な4つのポイント、頷き、相槌、微笑み、笑いの共有について、わかりやすく紹介しています。お客さまと話すときに、この4つのポイントを意識するだけで、その場の空気や人間関係も変わってくると思います。セールストークの練習と同じくらい、お客さまの話を「聞く力」を磨くことも大切だと思います。お客さまとどんな風にやりとしていくかで、結果も違ってくるそうです。レポートを参考に、お客さまとのコミュニケーションのとり方を見直してみるのもいいかもしれません。


★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ



  1. 2010/07/14(水) 06:00:00|
  2. [記事の分類]セールステクニック
  3. | トラックバック:1


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/65-43d40339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【保ビ研レポート】 R1C-0026 対話力には、頷き、相槌、微笑み、笑いの共有 <商品番号> R1C-0026 <タイトル> 対話力には、頷き、相槌、微笑み、笑いの共有 <キーワード> 対人対応力/セールストーク/面談/顧客心理/K5 見る http://hobiken.co.jp/report/report1.html#_0026
  1. 2007/10/18(木) 22:27:46 |
  2. 【保ビ研レポート】 一覧/目次/検索


<<【断りを受けにくくする工夫】 / 保ビ研レポート R1C‐0022 | ホーム | 【生命保険は、これからの時代にあった金融商品】 / 保ビ研レポート R1H‐0102>>