毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【自分にあった営業センスとその演出方法】 / 保ビ研レポート R1H‐0100
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □自分の目指すセールススタイルが分からない。
 □自分には営業センスがないんじゃないかと思う。
 □生命保険の知識は十分あると思うけれど、もう1ランク上になるには何かが足りない。
 □同じように努力しているけれど、優績者と自分の違いが分からない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎「営業センス」というものについて
 ◎営業センスの身に付け方とお客さまに対する演出方法
 ◎4つのセールス担当者像とその演出方法

●このレポートで、こんなことが身につきます!
どんなに不況のときでも、どんな会社にも優績者はいます。優績者は、何か特別な能力を持っている選ばれた人のように感じると思います。もちろん、優れた能力を持っているからそうなりえたのでしょうが、初めからその力を持っていたわけではないと思います。優績者の方に「どうしてそんな風に実績を上げられるのですか?」とたずねると、多くの方が「当たり前のことを普通に続けているだけです」と答えます。これは「自分の仕事にとって、当たり前と思うことをし続けている」ということなのだと思います。優績者にもいろいろなタイプがありますが、皆さん共通していえることは「自分に合った営業センス」を持っているということです。ですから、セールス担当者は自分にとっての理想像を持つことから始めるといいようです。
このレポートでは、自分にあった営業センスとその演出方法について、具体的に4つの例を取り上げて紹介しています。お客さまに信頼されるセールス担当者というのはどんなものか想像して、自分ならどんな担当者になれるか、なりたいかを考えてみてはいかがでしょうか。目指すタイプが決まったら、それに向けてどんなトレーニングをすればよいか、どんな演出が効果的か、レポートを参考に実践してみるといいかもしれません。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ



  1. 2010/08/11(水) 06:00:00|
  2. [記事の分類]セールステクニック
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/55-0a2c8132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<【契約者とのコンタクトは最低年2回】 / 保ビ研レポート R1C‐0034 | ホーム | 【DMを研究して、セールストークやツールを作る】 / 保ビ研レポート R1J-0159>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。