毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【死亡保障のトーク例:5,000万円の使い道】 / 保ビ研レポート R1H‐0105
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □死亡保障の提案は苦手だ。
 □お客さまからうまくニーズを聞き出せない。
 □死亡保障について提案したいが話題を出しにくい。
 □お客さまに興味を持ってもらえるニード喚起トークをうまく作れない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎お客さまのニーズの聞き出し方(死亡保障)
 ◎死亡保障についての話の切り出し方
 ◎死亡保障のトーク例(進行がんを告知された人の話)
 ◎「必要な保障額」の考え方、説明の仕方

【このレポートの内容】
数年前から、生命保険各社で医療保険の商品開発が活発化し、テレビや雑誌などでも生前給付型の保障を取り上げることが増え、「生きるための保障」に注目が集まっています。ですが、生命保険が本来の力を発揮するのは、やはり「死亡保障」だと思います。死亡保障は、終身で加入すれば保険料が高くなり、定期では掛け捨てになるため、「万一のことがなければ無駄になる…」と考えて、提案しづらく感じる担当者の方もいるようです。ただでさえ話を切り出しにくい「死」を話題にし、保障内容と保険料について説得して加入を促すのは、とても大変なことだと思います。けれど、本当に万一のことが起こって生活に困ったとき、一番の支えになるのは死亡保障です。お客さまは「死」について、日常生活ではほとんどイメージしません。そうした不幸は、いつも、突然起こります。死について考えることを仕事としている保険セールスの方には、ぜひ死亡保障を勧めていただきたいと思います。
このレポートでは、死亡保障についてお客さまのニーズを具体的に聞き出す方法と、死亡保障の話題の出し方、ニード喚起のトーク例を紹介しています。死亡保障に対して苦手意識のある方は、レポートのトークをそのまま使ってみてもいいと思います。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

●このレポートに関連するシートとユーザーの声
【病気になってからでは準備できないもの】 / 保ビ研エッセイ E1B-0020-iryo
★このエッセイをダウンロードする
(無料でダウンロードできます)

☆このシートを読んだユーザーの声
<http://woodscare.blog69.fc2.com/blog-entry-28.html>

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

  1. 2011/09/16(金) 06:00:00|
  2. [記事の分類]トーク例
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/49-f3c74d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<【保険(共済)は誰のもの?】 / 保ビ研レポート R1C‐0009 | ホーム | 【変化に対して前向きに】 / 保ビ研レポート R1J-0154>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。