毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【契約者から紹介をいただくには】 / 保ビ研レポート R1H‐0064
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □契約者からの紹介がほとんどない。
 □いつも見込客開拓に追われている。
 □アフターフォローはほとんどしていない。
 □紹介をもらいたいけれど、どうすればいいか分からない。
 □お客さまにお願いしているけれど、紹介情報をもらえない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎見込客が減らない「連鎖紹介法」の考え方と方法
 ◎契約者から紹介をもらうときの留意点
 ◎紹介する場合の紹介者の3つの心理
 ◎紹介を生む3つの要素

【このレポートの内容】
お客さまから契約をいただくと、うれしい反面、同時に見込客が減ってしまいます。つまり、見込客の1人にクロージングすると、契約になってもならなくても、見込客が1人減ってしまうのです。この状態が怖くてクロージングに踏み切れない方も中にはいるようです。ですから、もし「見込客が減らない」方法があれば、クロージングもしやすく、多くの時間を割かれる新規開拓を行う必要もなくなります。そんな夢のような方法が「連鎖紹介法」です。加入の決断をするお客さまから、1人紹介していただく方法です。1人紹介してもらえれば見込客の数は減りません。2人紹介してもらえれば見込客が増えます。契約になってもならなくても紹介していただくのです。そう考えると、結果を気にすることなくクロージングに挑めると思います。セールス活動する上での最終目標が「契約」ではなく「紹介」だと思って活動すると、自然と顧客満足度も上がり、契約と紹介の両方を得ることもできます。
このレポートでは、「契約者から紹介をいただく際の留意点」について紹介しています。お客さまが「紹介しよう」と思うのはどんなときか。レポートで紹介する3つの顧客心理を踏まえた上で、紹介を生む3つの要素を取り入れて、セールス活動を工夫してみてはいかがでしょうか。慣れるまでは大変かもしれませんが、根気強く続けていくほど、大きな成果をもたらすと思います。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ


  1. 2010/01/15(金) 06:00:00|
  2. [記事の分類]アフターフォロー・紹介
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/43-6c2bce82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<【トーク例:「会社を辞めたから、保険を解約したい」の対応話法】 / 保ビ研レポート R1H‐0130 | ホーム | 【定期訪問による職域や中小法人開拓のポイント】 / 保ビ研レポート R1C‐0014>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。