FC2ブログ


毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【担当者のタイプ別、情報収集の仕方】 / 保ビ研レポート R1H‐0075
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □情報収集するのが苦手だ。
 □自分のセールススタイルが分からない。
 □お客さまの生保に対する不満や不安が大きいので、商談を進めにくい。
 □自分のセールス方法に何が欠けているか分からない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎保険セールスにおける3つのセールススタイル
 ◎自分のセールススタイルの見分け方
 ◎自分に合った情報収集の仕方

【このレポートの内容】
保険のセールスには3つの段階があるといわれています。アプローチから始まる「人間関係作り」の段階、保障設計に必要な「情報収集」の段階、ニード喚起からクロージングまでを含めた「提案」の段階です。セールス担当の方は、自分でも知らないうちにこの3つのうちのどれか、またはいくつかを重視しているそうです。
「人間関係作り」を重視する人は「お客さまとの付き合いを大切にしたい」と考え、お客さまとの人間関係の構築に時間と労力をかけています。「情報収集」を重視する方は「お客さまに合ったプランニングをしたい」と思って、お客さまからのヒアリングに力を入れています。「提案」を重視する方は「セールスという仕事を極めたい」と考えて、話法やツールを磨き、加入率を上げようとしています。どの分野も大切ですが、今の時代はどのタイプの方もさらに「情報収集」能力を高めると、成約率が上がるようです。

このレポートでは、担当者のタイプ別、情報収集の仕方を具体的に紹介しています。自分の営業スタイルについて考えたことのない方や、情報収集が苦手という方は、レポートを参考に情報収集を工夫してみると、成約率が今より上がるかもしれません。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)

人気blogランキングへ
  1. 2010/03/10(水) 06:00:00|
  2. [記事の分類]情報収集・人間関係作り
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/41-1ef2d1d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<【保障提案には社会予測の知識や情報が必要】 / 保ビ研レポート R1H-0122 | ホーム | 【トーク例:生命保険という金融商品】 / 保ビ研レポート R1H‐0107>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。