FC2ブログ


毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

保ビ研「スピード・マニュアル」システム(SMS)のご案内
保険会社の
教育部の皆さまへ
資材制作担当の皆さまへ


保険ビジネス研究所では、マニュアル制作において、画期的(!?)と自負するシステムを作りましたので、ご案内致します。

名称は「スピード・マニュアル」システム(SMS)と言います。
「スピーディー(迅速)に制作できて、効果もスピーディーな(即効性のある)マニュアル」を制作できるシステムです。
(注!)SMSで作るマニュアルは、「商品マニュアル」や「知識マニュアル」ではなく、「セールス(活動)マニュアル」になります。

●スピーディー(迅速)に制作できます
SMSなら、通常の「マニュアル制作」のステップの、前段の3段階をカットできます。

通常の「マニュアル制作」は、完成までに多くの労力と時間がかかっていました。


【ステップ1】社内で、企画会議を開きマニュアル案を検討する。
【ステップ2】制作会社に、企画内容、予算、納期などを知らせる。
【ステップ3】制作会社から、「たたき台」(サンプル)が提示される。
【ステップ4】社内で、制作会社から提示されたマニュアル案を検討し、上層部へ説明し承認を得る。
【ステップ5】制作会社に、修正事項、変更事項、検討事項などを説明する。
【ステップ6】制作会社から、修正後のマニュアル案が提示される。
【ステップ7】ステップの4~6を繰り返す。



この制作ステップの中で、1~3の段階は、マニュアルの具体的な内容検討に入る前の段階なのですが、これが意外に労力と時間がかかります。

そこで、保ビ研Gでは、この1~3のステップを簡略化したいと考えました。
まず、マニュアルへの要望が多い項目を各パーツ(パーツは「保ビ研レポート」、「保ビ研シート」と呼びます)に分け、そのパーツを組み合わせて「サンプル」を作り、クライアント様には「サンプル一覧」をご提示しますので、その中から「たたき台」をセレクトしていただけます。クライアント様はその時点からスタートすることができるシステムです。

ですから、上記のステップで言いますと、ステップ4の「たたき台」の検討からスタートすることができ、社内での検討会議や上層部の承認を得る際にも具体的なサンプルがありますので、説明も簡単で結論も早くなります。

そして、その後の修正や変更も、パーツごと、センテンスごと、単語ごとに差し替えや修正ができますので、簡単便利です。また、サンプルはデータ(Word、PDF書類など)でお渡し致しますので、社内でも修正や加工ができます。

つまり、労力や時間は半減して、内容は良いマニュアルを作ることができます。

●即効性が期待できます
この「スピード・マニュアル」システム(SMS)で作るマニュアルは、「知識マニュアル」ではなく「セールス(活動)マニュアル」ですので、セールス担当者のセールス力の強化につながり、実績に反映します。

●制作費も割安です
すでにあるパーツを「たたき台」として使用しますので、初回原稿のライティング(執筆)費用がかかりませんし、執筆に費やす時間も短縮できますので、人件費の軽減にもつながり、費用的にはかなり割安でご提供できます。

●このシステムのメリットとしては
□簡単で便利。労力は少なく、時間が短縮できる。納期が早い。
□検討会議や関連部署への説明が効率的。承認がとりやすい。
□スタート時点から、ボリューム(ページ数)のメドがつく。
□割安。
□どの段階でも、具体的な形や量、予算や納期をイメージしながら作業できる。
□基本的にパーツの組み合わせで作るので、分冊化、シリーズ化しやすい。労力を分散できる。

●デメリットは
□「商品マニュアル」「知識マニュアル」の制作には向きません。(「活動マニュアル」になります)
□まったくのオリジナルなマニュアルの制作には向きません。
※ただし、実際には、200本以上ある「保ビ研レポート」をパーツとして組み合わせて「たたき台」を作り、それを修正、加工、加筆しながら作り上げていきますので、完成したマニュアルはかなりオリジナル性の高いものになります。

★まずは、サンプルをご覧ください。
→現時点でのサンプル一覧<http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-8.html>

★そして、お気軽にお問い合わせください。
【問い合わせ先】
保険ビジネス研究所
TEL:03-5475-6585(平日9:00-17:00 電話担当ヒラサワ)

Mail:info2@hobiken.co.jp

<SMS担当者からのお願い>
この「スピード・マニュアル」システムは、まだ生まれたばかりのシステムです。サンプルの数も充分ではありませんし、今後も改良を重ねてゆく予定です。どうぞ、皆さま、忌憚ないご意見、ご要望をお聞かせ下さい。保ビ研グループは、現場第一主義ですので、現場の皆さまのご要望の高いもの、お問い合わせの多いものから、順次検討してまいります。
(公認Producer/近藤)

───────────────────────
【Q&A】よくあるお問い合わせと回答
───────────────────────

●マニュアル制作の実績はあるのですか?
保険ビジネス研究所は、創業(1992年)以来、各社のマニュアル制作にも携わっておりました。また、以下の実績も判断材料にして下さい。
・保険業界でのセールス研修、のべ3,000日以上
・「新日本保険新聞」などの連載原稿15年以上
・出版本11冊(現在も出版されているもの6冊)

●これまでの作品を見ることはできますか?
保険ビジネス研究所は、クライアント様の情報は完全に守秘したいと思っておりますので、大変申し訳ございませんが、納品した作品は一切お見せすることはできません。サンプルでご検討いただきますよう、お願い申し上げます。
→現時点でのサンプル一覧<http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-8.html>

●他社と類似したマニュアルになるのでは?
数多くのパーツの中から組み合わせて「たたき台」を作り、そこに修正、加工、加筆を加えて作っていきますので、最終的には、完成品のオリジナル性はかなり高くなります。
また、サンプルをあまり修正せずにご利用される場合は、「自社マニュアル」という位置づけでなく、「一般的な読み物マニュアル」と位置づければ、効果的かと思います。

●納期は? 費用は? 具体的な内容は?
各サンプルをご覧ください。記載されています。
→現時点でのサンプル一覧<http://hobigkondo.blog58.fc2.com/blog-entry-8.html>

●自社の出入り業者を通して作りたいのですが?
喜んで対応させていただきます。御社からご連絡いただいても、業者様からご連絡いただいても、どちらでも構いません。ご相談ください。

●もう少し詳しい説明を聞きたいのですが?
まずは、電話またはMailでご連絡ください。
電話:03-5475-6585(平日9:00-17:00)
Mail:info2@hobiken.co.jp
★SMS担当者(公認Producer)のプロフィール
→<http://hobiken.co.jp/producer.html>

  1. 2006/08/24(木) 15:45:05|
  2. [ブログ管理者より]保ビ研SMSのご案内
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/3-736861c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<【提案力をつけて成約率をアップ!】 / SMSサンプル MRH-0001 | ホーム | 全記事&サンプル一覧>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。