FC2ブログ


毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【話法:50代の方へ、末子が就職したら金融資産の整理をお勧めします】 / 保ビ研レポート R1J‐0165
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □年配の既契約者と共通の話題がない。
 □中高年へのアプローチトークを持っていない。
 □50代以降の人が興味を示す話を持っていない。
 □年配のお客様に何を話せばいいか分からない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎中高年へのアプローチトーク
 ◎人生設計の考え方
 ◎末子の就職が人生の転機となる理由
 ◎満足できる人生のために金融資産を整理する方法
 ◎50代以上の既契約者が自分の人生をイメージできる(共感を呼ぶ)トーク

【このレポートの内容】
時代は変わり、日本人のライフスタイルも大きく変化しているといわれています。以前なら、学校を卒業したら企業に就職し、定年退職まで一つの会社で働くことはごく普通のことでした。けれど、今は働き方もさまざまです。正社員にならず、契約社員や派遣社員、フリーターの道を選ぶ人も増えています。中には、学校を卒業しても働かず、何もしないで、ずっと親に養ってもらっている「ニート」「パラサイトシングル」と呼ばれる若者もたくさんいます。なぜ、こうした若者が増えてしまったのかというと、親に経済力があり、子どもの数も少ないため、親が子離れできず、子どもも親離れできないのだそうです。これは、親にとっても子どもにとっても、将来的に不幸なことだといえます。人生設計をする時、人生を「親に養ってもらう時期」「自分で自分や家族を養う時期」「子どもの扶養が終わって自分の人生を生きる時期」「自分のことを自分でできなくなり誰かに世話をしてもらう時期」の4つに区切るとよいそうです。この4つの中で、自分でスタートを決めて行動しなければならないのが、3つめの「子どもの扶養が終わって自分の人生を生きる時期」だといいます。末子が就職したとき、「子離れ宣言」をし、それからの人生計画を立てるといいそうです。
このレポートでは、50代以上の方に、末子が就職したら金融資産の整理をお勧めする話法を紹介しています。このトーク例は、直接的に保障のニーズ喚起となるようなものではないかもしれません。けれど、人生そのものを考えるきっかけになると思います。人生90年といわれる今、自分で自分の人生を作る、その中でどんな保障が必要になるかを積極的に考えてもらえるトークだと思います。ここで紹介している「人生設計の考え方」は、50代以上の方だけでなく、どの年代の方にとっても興味を持ってもらえる話だと思います。アプローチトークの一つとして覚えておくといいかもしれません。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

  1. 2011/03/23(水) 06:00:00|
  2. [記事の分類]トーク例
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/149-9a9773ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<【心情説得と理論説得】 / 保ビ研レポート R1C‐0048 | ホーム | 【難しい(複雑な)手法は、成功しにくい】 / 保ビ研レポート R1H-0129>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。