FC2ブログ


毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

【話法:60代になったら相続について考え始めてほしい】 / 保ビ研レポート R1J‐0161
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □年配のお客様にあまりアプローチしていない。
 □既契約者に高齢の方が多く、新しい提案がしにくい。
 □高齢の方と共通の話題がないので訪問しにくい。
 □相続の提案トークに自信がない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎60代以上の方へのアプローチトーク
 ◎どんな人でも相続対策が必要な理由
 ◎相続に関するニード喚起トーク
 ◎3つの相続対策
 ◎一昔前の相続と今の相続の違い

【このレポートの内容】
生命保険商品が相続にとても有効な金融商品であることは、セールス担当の方はよくご存知だと思います。ですが、一般の人にはほとんど知られていないのが現状です。多くの人は、資産と呼べるものは自宅(マンション)ぐらいで、ほとんど持っていないため、相続など他人事だと考えています。また、相続に関するもめごとなど、自分の家族には起こらないだろうと思っています。そのため、通り一遍の情報提供(たとえば相続に関するチラシなどを配布するだけ)では、記憶に残らないのだと思います。ですが、実際には、一昔前より今の時代のほうが、相続で問題が起こりやすいようです。その理由として、自宅のある土地と家が「資産」である人が多いこと(もともと資産家でないため相続対策の経験がない)、長男がすべてを引き継ぐ「家長相続」から、法律上、子供全員に平等な相続になってきたこと(兄弟姉妹間での争いが増える)、親が相続の問題を身をもって経験していないこと(自分が親から引き継ぐときに問題にならなかったので相続の準備をしていない)などが挙げられます。
このレポートでは、「60代になったら相続を考えてほしい」ということをお伝えするトーク例を紹介しています。このトーク例では、「相続対策とは何か」を伝えるだけでなく、「どうして60代になったときに考え始めた方がいいのか」も紹介しています。「年配のお客様は訪問しても話題がない」「既契約者が高齢な方ばかりになってしまった」「高齢者への提案は苦手」というセールス担当の方には、60代以上のお客様へのアプローチトークとして参考になるかもしれません。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

  1. 2011/03/16(水) 06:00:00|
  2. [記事の分類]トーク例
  3. | トラックバック:1


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/144-dc380ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
応援します、フレッシュマン!★送料無料・ 000円・サイズ:幅355×奥行き60×高さ2
  1. 2007/08/23(木) 11:13:09 |
  2. 金融・保険の極意


<<【難しい(複雑な)手法は、成功しにくい】 / 保ビ研レポート R1H-0129 | ホーム | 【中小法人の持つ潜在的な保障ニーズの全体像】 / 保ビ研レポート R1H‐0104>>