FC2ブログ


毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【変化の時代は“能動的”がキーワード】 / 保ビ研レポート R1J-0134
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □勉強会や研修会に参加して努力しているが、実績が上がらない。
 □会社で教えられる情報(知識)があまり役に立たない。
 □成績が落ち続けているのに、上司がフォローしてくれない。
 □仲間と同じことをやっているのに成果が出ない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎セールスに成功する心構え
 ◎今の時代に合ったセールスの姿勢
 ◎「できない」「無理だ」から「できる」「やりたい」気持ちになる方法
 ◎研修会や勉強会の内容を効果的に身につける方法
 
【このレポートの内容】
保険業界は、ここ10年ほどで大きく変化しましたが、今後もまだまだ「激動」や「変革」が続くといわれています。5年後、10年後どころか、3年後すら想像できないほど、変化が激しい時代になっています。こうした「変化の時代」に、変わりなくセールスし続けるというのは大変なことのように思えますが、どんなことにもあてはまる一つの要素があります。それは「能動的になる」ということです。これによく似た言葉で「プラス思考」「マイナス思考」がありますが、これは「考え方」を表す言葉です。「変化の時代」は、こうした「考え方」の違いよりも、自分自身の「姿勢」(受動的か能動的か)によって、結果が違ってくるようです。なぜなら「プラス思考」でも、自分から能動的に動かなければ成果は出ませんし、「マイナス思考」でも、能動的に動けば実績が上がるからです。
このレポートでは、変化の時代は“能動的”がキーワードになることについて紹介しています。「能動的」という言葉は、普段あまり耳にしないかもしれませんが、どんな方でも毎日の仕事の中で遭遇することだと思います。さまざまな物事に対し、受動的になるか、能動的になるかは本人次第です。セールスは、結局は自分との戦いだといわれていますから、他人との比較ではなく、今の自分より少しずつでも「能動的」になれれば、時代の流れにも乗れると思います。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

  1. 2011/08/30(火) 06:00:00|
  2. [記事の分類]自己管理・活動管理
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/141-2c925e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<【中小企業マーケットに対するスタンス】 / 保ビ研レポート R1G‐0051 | ホーム | 【生保セールスの『売れる方程式』の作り方】 / 保ビ研レポート R1H‐0119>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。