FC2ブログ


毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【商店街での活動/具体例1】 / 保ビ研レポート R1J-0155
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □お客様となかなか面談できないため、商談の進むペースが遅い。
 □職場への訪問が難しくなり、平日の日中、会える人の数が減った。
 □エリア(地区)をまわっても不在宅が多いのでチラシの配布で終わってしまう。
 □担当地区に商店街があるが、どうアプローチしたらいいか分からない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎「会えない」対策としての商店街活動
 ◎商店街の保障ニーズ
 ◎商店街での具体的な活動事例(アプローチから提案まで)
 
【このレポートの内容】
保険セールスの現場で、「今、一番の問題ではないか」とも言われているのが、お客様に「会えない」ことだそうです。以前は職場に訪問したり、エリア(地区)を訪問して奥様にお会いしたりすることができましたが、今は防犯意識の高まりから職場への訪問が難しくなっています。また、共働きの家庭が増えたため、平日の昼間にエリアを訪問しても不在宅が大半で、チラシを投函するだけの活動になってしまうことも多いそうです。ですから、「会えない」お客様にどうやって会うかとともに、確実に「会える」お客様にどうアプローチするかが大切になっているそうです。平日の昼間に「会える」お客様とは、どんな方でしょう。商店街で働いている方はいかがでしょうか。
このレポートでは、商店街で働く人(商店主)へのアプローチを、活動事例とともに紹介しています。商店街は保障ニーズが多い割に生命保険の普及率が低いといわれています。けがや病気でお店を休めば収入が減り、ボーナスも退職金も、定期的な健康診断も、退職金もないのが商店主です。ちょっと考えただけでも、必要な保障はたくさんあると思います。ゆっくり話を聞いてもらえる時間をとることは難しいかもしれませんが、アプローチの仕方を工夫すれば、多くの契約に結びつく可能性があります。レポートの活動事例を参考にチャレンジしてみると、新しい市場を開拓できるかもしれません。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

  1. 2011/03/02(水) 06:00:00|
  2. [記事の分類]個人事業主・中小法人
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/131-e6f58e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<【説明シートはセールスの武器】 / 保ビ研レポート R1J‐0133 | ホーム | 【心の財布を開くトーク】 / 保ビ研レポート R1C‐0050>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。