FC2ブログ


毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【断りに対する対応話法】 / 保ビ研レポート R1H‐0073
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □ニード喚起・提案まではスムーズだけれど、クロージングで断られて契約にならない。
 □面談数が多い割に契約数が少ない。
 □断り文句を言われると、どう返事したらいいのか分からない。
 □一度断られるとお客さまのところへいけなくなる。
 □断られるのが怖くてクロージングできない

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎断り文句を言われた時の心の準備
 ◎断り文句に対する6つの返答パターン
 ◎返答パターンの利用方法(クロージングトークでの使い方)
 ◎対応話法それぞれのメリット・デメリット

【このレポートの内容】
「断り文句を言われると返答に詰まる」「1回断られるとそのお客さまのところへ行けなくなる」「クロージングまで商談を進めても、断られて契約にならない」。ニード喚起から提案までスムーズに商談が進んでいても、肝心のクロージングで断られる…。これは珍しいことではないそうです。保険や共済のセールスではむしろ、「断られてからが本当のクロージングの始まり」といわれるほど、どんな優秀な担当者でも一度は断りを受けているからです。ですから、断りに上手に対応できるようになると契約率がグンと上がるそうです。

このレポートでは、お客さまの断り文句に対する対応話法を、パターン別に紹介しています。レポートを参考に、クロージングの際のトークをほんの少し変えてみると成果が変わると思います。面談数が多い割に契約数が少ない(成約率が低い)という方は、レポートの内容に沿って自分のクロージングトークを見直してみてはいかがでしょうか。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)

人気blogランキングへ
  1. 2010/02/19(金) 06:00:00|
  2. [記事の分類]トーク
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/13-2377c4ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<【セールストークを磨く言葉】 / 保ビ研レポート R1H‐0111 | ホーム | 【クロージングすることで話を前に進める】 / 保ビ研レポート R1H‐0118>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。