FC2ブログ


毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

【お客様を囲い込むことができるシステムを作る】 / 保ビ研レポート R1J-0156
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □世帯契約がほとんどない。
 □契約をいただいた後、継続してコンタクトを取っていない。
 □既契約者から世帯情報を聞き出すのが苦手だ。
 □契約後にどんなタイミングでコンタクトを取ればいいかわからない。
 □契約者と人間関係を構築するのが下手だと思う。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎世帯情報を入手・管理する具体的な手法
 ◎いつ・どのように世帯情報を集めるか(4例)
 ◎集めた世帯情報の管理方法(3例)
 ◎継続的にコンタクトを取るときの3つの方法
 ◎お客さまと人間関係を深める方法――ポジショニングを明確にする4つのツール
 
【このレポートの内容】
保険セールスでは常に新規開拓が必要とされますが、まったくの白地開拓を永遠に続けるのはとても大変だと思います。そこで、過去の活動を活かしながら新規開拓していく方法として「顧客の囲い込み」が有効だと思います。この「顧客の囲い込み」は、セールス担当者だけでなく、お客様にとっても喜んでいただける方法だと思います。なぜなら、担当者は、これまで以上にマメにコンタクトを取るようになりますから、お客様は今まで以上にアフターフォローを十分受けられることになるからです。また、コンタクトが増えた分だけ、情報提供も多く受けられます。「顧客の囲い込み」は担当者とお客様、双方にとって、とても有益な方法だと思います。
このレポートでは、「お客様を囲い込むことができるシステムを作る」ことについて紹介しています。「顧客の囲い込み」がどうして有効なのか、そのために必要な世帯情報の入手・管理について、具体的な方法を取り上げています。世帯情報管理のシステムを作り、継続的にコンタクトを取ることで、お客様との人間関係が強くなると思います。また、レポートで紹介している「ポジショニングを明確にするツール」は、お客様に自分という人間を知っていただけるだけでなく、仕事へのモチベーションを自分で再確認するときにも使えると思います。


★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

  1. 2011/03/30(水) 06:00:00|
  2. [記事の分類]情報収集・人間関係作り
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/123-bbde0ff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<【セールスという仕事で成功するポイント】 / 保ビ研レポート R1H-0124 | ホーム | 【心情説得と理論説得】 / 保ビ研レポート R1C‐0048>>