毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【契約者とのコンタクトは最低年2回】 / 保ビ研レポート R1C‐0034
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □既契約者には特に、アフターフォローをしていない。
 □既契約者が知らないうちに引っ越していたり、減額・解約していることがよくある。
 □契約者には会社で作る年賀状ぐらいしか出していない。
 □契約者からの紹介や追加契約がほとんどない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎契約者とコンタクトを取る最適な方法
 ◎契約者にDMを出すときのポイント
 ◎契約者にコンタクトを取ることの目的

【このレポートの内容】
セールスでは、常に数字の目標がありますから、どうしても新規開拓に時間を割くことが多くなって、十分なアフターフォローができないと聞きます。アフターフォローの重要性を頭で分かっていても、実行するのは大変だと思います。訪問するには相手の都合も考えてアポイントを取らなければなりませんし、電話もタイミングよく話せるかどうか分かりません。ですが、アフターフォローとして最低年2回コンタクトを取っていると、既契約者の情報は常に新鮮で、保障見直しの提案をタイミングよくできたり、追加契約、紹介依頼など結びつくそうです。
このレポートでは、契約者とのコンタクトは最低年2回取った方がよく、どんな方法であればセールス担当者の負担が少ないか(活動に支障が出ないか)を具体的に紹介しています。レポートで紹介されている方法は、すでに行っていることにちょっと工夫を加えれば、すぐに実行できることだと思います。新規開拓でお忙しいと思いますが、時間を作ってうまく取り入れることができれば、意外なところからたくさんの契約をいただけるかもしれません。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────


◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ
  1. 2010/08/13(金) 06:00:00|
  2. [記事の分類]顧客管理
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hobigkondo.blog58.fc2.com/tb.php/106-30262f94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<【トークにパワー(訴求力)がない担当者が多い】 / 保ビ研レポート R1H-0123 | ホーム | 【自分にあった営業センスとその演出方法】 / 保ビ研レポート R1H‐0100>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。