FC2ブログ


毎日の保険セールスに役立つレポート紹介

毎日のセールス活動で新たな気づきとなるスキルやテクニック、モチベーションアップ等に役立つレポートを紹介します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【変化に対して前向きに】 / 保ビ研レポート R1J-0154
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □時代の変化でセールスしづらくなったと思う。
 □今のセールス手法にはついていけない。
 □もう、自分のセールスが通用する時代ではないように感じる。
 □セールス環境が変化しすぎてついていけない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎時代の変化の受け止め方
 ◎人間の潜在能力
 ◎環境変化をどう考えるか
 
●このレポートで、こんなことが身につきます!
ここ数年は「保険セールスにとって激動の時代だ」といわれていますが、セールス担当者を取り巻く環境は大きく変化しています。所属している会社組織の変化やお客様の変化、セールス現場の変化、それに伴うセールス手法の変化など、さまざまな変化があります。そのため「以前は・・・だったのに」「前ならこうすればよかったけれど・・・」と、過去の時代と比べて仕事のやりづらさを感じているセールス担当の方もいるようです。セールスを長く続けているベテランの方ほど、多くの変化を肌で感じていると思います。これらの変化を止めることはできませんが、変化をどう受け止めるかは、自分次第で変えられそうです。
このレポートでは、変化に対して前向きになることについて紹介しています。変化を前向きに受け止めるとどんなことができるのか、人間の可能性、潜在能力について一つの事例を紹介しています。このレポートの内容は、読んですぐに実績が上がるような話ではありませんが、セールス担当者として今後の時代を乗り切っていく力になると思います。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2011/09/13(火) 06:00:00|
  2. [記事の分類]モチベーションアップ
  3. | トラックバック:0

【やる気を出すヒント】 / 保ビ研レポート R1J‐0132
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □なんとなくやる気が出ない。
 □やらなきゃならないと思うけれど、体が動かない。
 □自分のやっていることは効率が悪いと思う。
 □頭では分かっているけれど、気持ちがのらない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎やる気の出る活動計画の立て方
 ◎やる気の出る3つの方法
 ◎やる気が出ない状態とは、客観的に見てどんなものか

【このレポートの内容】
セールスの仕事では自分自身の「やる気」が実績に大きく影響すると言われています。実際、「やる気」があるときは、限られた時間をうまく使おうとして、「効率」を考えて計画を立てて動くそうです。効率よく活動するためには3つの方法がありますが、どの方法をとってもやる気があれば効果がでます。逆に、「やる気」が出なければ、いくら良い計画を立てても結果はついてこないそうです。そう考えると、セールス担当者にとって自分の「やる気」をコントロールすることはとても大切ですね。
このレポートでは、やる気を出すヒントを3つ紹介しています。どの方法もすぐに試すことができます。どの方法を選んでも、やる気が出てくると思います。人間にはいろいろなところに切り替えのスイッチがあるそうです。頭が先でも、体が先でも、心が先でも、環境を変えるだけでも気持ちが変わるそうです。自分をコントロールすることは言うほど簡単ではありませんが、自分と上手に付き合って、難局を乗り切っていただきたいと思います。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

  1. 2011/08/12(金) 06:00:00|
  2. [記事の分類]モチベーションアップ
  3. | トラックバック:0

【飛躍するために新規開拓する】 / 保ビ研レポート R1H‐0125
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □今、自分はスランプだと思うが、どうすればいいかわからない。
 □自分には新規開拓の力があまりないと思う
 □実績を上げるためにも今の自分を変えたい。
 □見込客が常に少ないので新規開拓が必要だと思うが、方法がわからない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎スランプの状態や自分を変えるのに新規開拓が有効な理由
 ◎新規開拓の魅力
 ◎職域(大企業)基盤の新規開拓方法
 ◎住宅(エリア)基盤の新規開拓方法
 ◎中小企業や個人商店の基盤開拓方法

【このレポートの内容】
言うまでもないことですが、保険セールスにおいて新規開拓は大切です。まず、見込客の補充のために必要です。見込客が少ないと、それ以上減るのが怖くなってクロージングを避けるようになります。ですから、新規開拓力を付ければ、結果的にクロージング力の強化につながります。また、自分を磨くトレーニング方法として新規開拓は最適です。新規のお客さまはセールス担当者のことをまったく知りませんから、お客さまの反応を見て自分のレベルや改善点を知ることができます。中でも今の自分を変えたいと思っている方にとって、新規開拓は絶好のチャンスです。相手はこれまでの自分を知りません。ですから、「なりたい自分」を演じることで、今の自分から脱皮することができます。
このレポートでは、今以上に飛躍するために新規開拓が大切なことと、その具体的な方法について紹介しています。新規開拓の方法は、職域基盤(大企業)、住宅(エリア)基盤、中小法人・個人商店の3つに分けて、ポイント別に紹介しています。興味のあるところから自分の活動に取り入れるのもいいですし、今の活動とまったく違うところから挑戦してみるのも、意外な自分を発見できていいかもしれません。保険に限らずセールスの仕事は、気持ちの持ちようが一番、結果に影響するといわれます。仕事に対していつも前向きに取り組むことは大変だと思いますが、ちょっと気持ちを切り替えてみたいときなどに、このレポートを参考に、新規開拓して活動を変えてみるのもいいと思います。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

  1. 2011/01/05(水) 06:00:00|
  2. [記事の分類]モチベーションアップ
  3. | トラックバック:0

【マイナス暗示に気をつける】 / 保ビ研レポート R1H‐0082
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □セールス目標に対して「これ以上できない」と思う。
 □周りに励まされても「自分には無理だ」と感じる。
 □保険セールスの仕事は自分に向かないと思う。
 □仕事をするのがつらい(辞めたい)。
 □もう十分頑張っているから、これ以上やりたくないと思う。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎セールス担当者が気をつけなければいけないマイナス暗示
 ◎マイナス暗示の3つのタイプと見分け方
 ◎マイナス暗示をブロックする方法
 ◎毎日のモチベーションが下がらないようにする方法

【このレポートの内容】
私たちの日常生活には「マイナス暗示」が溢れています。「マイナス暗示」というのは「できない」「無理だ」と思わせてしまう暗示のことで、気をつけなければどんな人でもこの暗示にかかってしまいます。特に、保険セールスの仕事は「自分との戦い」ですから、ちょっと調子が悪いときにこの暗示にかかってしまうと、一気にモチベーションが下がります。仕事で調子が出ないとき、仲間や家族に相談すると「性格的にセールスは向いていないんじゃないの?」「社会全体が不景気だから仕方ないよ」「あまり無理しないでね」というような慰めや励ましを受けると思います。これらの言葉(=マイナス暗示)を聞くと、やる気が出るどころか、今の自分を正当化してしまって、さらにやる気を失ってしまうと思います。ですから、セールス担当者は「マイナス暗示」の正体を知って、事前にブロックすることが大切です。
このレポートでは、セールス担当者が気をつけなければならない「マイナス暗示」を3つのタイプ別に紹介しています。ここで取り上げられているのは、日常でよく耳にする文例ばかりです。セールスされている多くの方が、聞いたことがあると思います。毎日のセールス活動で知らず知らずのうちに「マイナス暗示」にかかって、モチベーションが下がってしまわないように、自己防衛の1つとして読んでみるといいかもしれません。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

  1. 2010/12/24(金) 06:00:00|
  2. [記事の分類]モチベーションアップ
  3. | トラックバック:0

【悩みの解決法をカウンセリング技法に学ぶ】 / 保ビ研レポート R1H‐0108
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □自分だけ目標を達成できなくてつらい。
 □どうしようもなくスランプを感じている。
 □悩みが仕事に影響し、仕事の不調がまた悩みになっている。
 □自分の悩みをどう解決すればよいかわからない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎セールスの人がぶつかる「悩み」の壁
 ◎悩みを解決するカウンセリング技法
 ◎悩みから抜け出し前向きになれる心の持ち方(意識すること)

【このレポートの内容】
保険セールスの現場では、多くの人が何度も「悩み」の壁にぶつかるそうです。セールスという仕事は、常に「実績」で評価されてしまいますから、そのために悩み、悩んでいるためにさらに実績に影響してしまうという「悩みの悪循環」に陥りやすいのです。これが「スランプ」です。こうなると、本当に毎日の仕事がつらく、大変なものになってしまいます。ですから、どうにかしてそこから抜け出さなければなりません。悩む時間が長くなればなるほど、仕事への自信もなくなって、将来に対しても不安感を持ってしまいます。「悩み」から抜け出すにもいろいろな方法があると思いますが、その1つに「心の持ち方」があるようです。
このレポートでは、悩みの解決法をカウンセリング技法に沿って学び、具体的に「悩み」についてどう考えればよいかを紹介しています。悩んでいるとき、うまくいかないときは、何を読んでも、何を言われても心に響かず、つい後ろ向きに考えがちですが、もしかしたらこのレポートの内容がきっかけで、霧が晴れるように悩みの渦から抜け出せるかもしれません。ここで紹介されている「あること」に気付くと、考え方も変わると思います。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ
  1. 2010/11/10(水) 06:00:00|
  2. [記事の分類]モチベーションアップ
  3. | トラックバック:0

【学習の4段階を理解しておきたい】 / 保ビ研レポート R1H‐0078
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □自分は今、スランプだと感じる。
 □何をやってもうまくいかない。
 □人と同じように活動しても自分は成果が出ない。
 □保険セールスの才能がないと思う。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎人が何かを身に付けるときに通過する4つの段階
 ◎自分の今の段階(レベル)を知る方法
 ◎仕事の成果で落ち込んだり、やる気がなくなったりしたときの考え方
 ◎壁にぶつかったときの対処法
 ◎自分の気持ちのコントロール方法

【このレポートの内容】
仕事をしていて「もう限界だ!」と感じることは、誰しもあると思います。中でも保険セールスのように、絶えず目標と締め切りに追われ、成果を求められる仕事の場合、ほとんどの方が一度はスランプに陥ることがあると思います。お客さまからの断り続きでやる気を失ったり、一生懸命やっていても成果が出なくて自己嫌悪に陥ったり、いつもいい結果ばかりは続かないことでしょう。これは、長年セールスの仕事を経験されているベテランの方でも起こることだと思います。こうした状況において大切なのは、「今の自分を納得させ、前向きにチャレンジする気持ちになるよう、自分をどうコントロールするか」だと思います。
このレポートでは、人が何かを身につけるときに必ず通過する“学習の4段階”について紹介しています。このレポートを読めば、保険セールスにおいて自分が今どの段階にいて、何に苦しみ、悩んでいるのかが分かると思います。スランプで苦しんでいるときは、それが永遠に続くように感じて本当につらいと思いますが、それが次の段階に進むための通過点だと分かると、少しは気持ちも楽になると思います。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────


◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

  1. 2010/09/10(金) 06:00:00|
  2. [記事の分類]モチベーションアップ
  3. | トラックバック:0

【スランプ脱出法、2つの方法】 / 保ビ研レポート R1H‐0090
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □今、「自分はスランプだ」と思う。
 □保険セールスは自分に向いていない気がする。
 □やらなければならないことは分かっているけれど、やる気がおきない。
 □自分が今、何をしたら調子がよくなるか分からない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎スランプから脱出する2つの方法
 ◎自分でモチベーションを上げる方法
 ◎調子が出ないときの考え方
 ◎セールストークとツールの再点検の方法と、結果別の改善方法

【このレポートの内容】
どんな仕事でも、スポーツ選手でも芸術家でもスランプに陥ることはあります。保険セールスのように常により多くの実績を求められる仕事では、スランプに陥ったときに「この仕事は向いていない」と、今まで成功していた経験までも、すべて否定的に考えてしまうことが多いようです。けれど、「スランプは雨雲のようなもの」で、どんなに厚い雲でもその上には太陽が輝いていますから、雨雲を抜ける方法を身に付ければスランプを脱出することができます。
このレポートでは、スポーツ選手のスランプ脱出法を保険セールスの場合に置き換えて紹介しています。ここで紹介する「動くことでリズムやテンションを取り戻す方法」と「自分のスキルを再点検し改造する方法」は、どちらもすぐに始められて効果があると思います。「なんだか調子が悪い」「今までうまくいっていたことが、なぜかできなくなった」と感じるときは、レポートに沿ってどちらか試してみるのもいいかもしれません。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)
人気blogランキングへ

  1. 2010/05/28(金) 06:00:00|
  2. [記事の分類]モチベーションアップ
  3. | トラックバック:0

【状況が悪い時にやる気を出す方法】 / 保ビ研レポート R1H‐0079
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □お客さまに会いに行くのがなんとなくイヤだ。
 □スケジュールに空き時間がたくさんある。
 □スケジュールを見ても動く気になれない。
 □成果が上がっていないけれど、何もする気が起きない。
 □セールスの仕事が自分に向いていないように感じる(仕事を辞めたい)

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎状況が悪い(成果が上がっていない)ときにやる気を出す方法
 ◎自分の気持ちを切り替える方法
 ◎実際にやる気が出るようになる行動
 ◎「やる気」がなくなるのを防ぐ方法

【このレポートの内容】
「お客さまのところに行くのがおっくうに感じる」。「なんだかやる気が出ない」「この仕事は自分に向いていない気がする」。セールスを長く続けていると、こうした「やる気の出ない状況」を一度は経験すると思います。「やる気」のあるときは、「次にどこへ行こう」、「何を提案しよう」、「だれに会おう」…と積極的にスケジュールを作ることができ、活発に動くことができますが、やる気の出ないときは考える時間ばかり増えて、実際の行動になかなか移せなくなるようです。こうした状況を変えるには、意識して「行動」から変えることが効果的です。

このレポートでは、「やる気」が出るようになる行動を具体的に紹介しています。自分の毎日を振り返って、調子が出ないと感じるときや、成果が上がらない、お客さまに会いに行きたくないと感じるときに、気持ちをガラッと変え、動き出すことができるモチベーションアップの方法ですので、参考になるかもしれません。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)

人気blogランキングへ
  1. 2010/04/21(水) 06:00:00|
  2. [記事の分類]モチベーションアップ
  3. | トラックバック:0

【『保険を勧める』という行為の大切さ】 / 保ビ研レポート R1H‐0095
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □親しくなったお客さまには保険の提案をしにくく感じる。
 □一人のお客さまに何度も保険の提案をするのは悪い気がする。
 □保険の勧め方がわからない。
 □保険を勧めるのがつらい(この仕事は向いていない)。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎「保険を勧める」ということの大切さ
 ◎自分のしている保険セールスの仕事の意味(価値)
 ◎「説明+お願い」と「お勧め」の大きな違い
 ◎具体的な保険の勧め方

【このレポートの内容】
保険セールスの仕事をしていると、いろいろな壁にぶつかると思います。そこで、時に立ち止まって、自分のセールス活動を冷静に見直し、「もっと実績を上げるために、自分が乗り越えなければならない壁は何か」を考えてみるのも良いようです。壁にもいろいろあると思います。「見込客の見つけ方が分からない」「クロージングが苦手だ」「商品知識が乏しい」「アプローチの仕方がわからない」「勧め方がわからない」などなど。この中で、一番問題なのは「勧め方がわからない」という壁だそうです。保険や共済は、勧めなければなかなか加入されない商品です。ですから、担当者がプランをお勧めできなければ、それ以外の活動がすべて無意味になってしまいます。「お客さまと親しくなると勧めにくくなる」「何度もお勧めしにくい」という担当者の方もいるようですが、これは大変なことです。保険を「お勧めする」という行為は、担当者のためでなく、お客さまにメリットがある、お客さまのための行為です。

このレポートでは、『保険をお勧めする』という行為の大切さについて紹介しています。保険をお勧めするということがどういう意味を持つのか、再度認識することで、この仕事へのやる気も倍増するかもしれません。レポートには具体的な「お勧め」の仕方も書かれていますので、一つの参考になると思います。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)

人気blogランキングへ
  1. 2010/04/14(水) 06:00:00|
  2. [記事の分類]モチベーションアップ
  3. | トラックバック:0

【自分を励ます言葉を持つ】 / 保ビ研レポート R1H‐0081
●こんなことで悩むことはありませんか?
 □頑張っても成績が伸びないので落ち込む。
 □保険セールスの仕事に自信がない。
 □なんとなくやる気が出なくて毎日が憂うつだ。
 □この仕事を続けている自分に夢や希望が持てない。
 □このままでだめなのは分かるけれど、何をどうすればいいか分からない。

●このレポートで、こんなことが身につきます!
 ◎「自分との戦いに勝つ」ための方法
 ◎自分を励ます言葉の効果
 ◎「自分を励ます言葉」の具体的な例と使い方
 ◎セールス担当者が「自分に負けない」ことの大切さ

【このレポートの内容】
保険に限らずセールスという仕事は、結局「自分との戦い」だと思います。セールスの経験が長い方であれば、一度は「スランプだ」「やる気が出ない」「自分はもうだめだ」と落ち込んだ経験があるのではないでしょうか。こうした状態は、「セールス力がない」「能力がない」のではなく、本当は「自分との戦いに負けている」のだそうです。セールス担当者ならだれもがかかる、一種の病気のようなものだそうです。ですから、病気にならないための特効薬となる「自分を励ます言葉」を持っていれば大丈夫です。
日本には「言霊(ことだま)」という言葉があるほど、言葉そのものに力があるとされています。「ちょっと調子が悪いな」と思ったときは、「自分を励ます言葉」を声に出して言うだけで、どこからともなく力がわいてくると思います。

このレポートでは、「自分を励ます言葉を持つこと」の大切さと、具体的な言葉の例を紹介しています。「自分を励ます言葉」は、短くて、包括的な言葉を何度も口に出すほど良いようです。自分に暗示をかける効果があります。潜在能力も開花しやすいといわれています。レポートにある言葉の中から自分に似合う(好きな)言葉を見つけて、毎朝、鏡に向かったときや、お客さまを訪問する前に口にしてみてはいかがでしょうか。

★このレポートをダウンロードする (無料でダウンロードできます)

───────────────────────
■ご注意ください
───────────────────────

個人のご使用に関しては無料ですが、組織でご使用の場合は有料になります。お問い合わせください。
●著作権は保険ビジネス研究所に帰属します。ダウンロードしたコンテンツの転売、転載はできません。
●ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承ください。
●募集文書として使用する場合は、各保険会社に個別にご確認ください。
───────────────────────

◆この記事がお役に立ちましたらランキングにご投票ください。
(↓をクリックください。保険関連の人気ブログもご覧になれます)

人気blogランキングへ
  1. 2010/02/26(金) 06:00:00|
  2. [記事の分類]モチベーションアップ
  3. | トラックバック:0




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。